風俗は刺激が大事!

風俗嬢だけでなく時間との戦いでもあったんです

あの日の風俗はまさに時間との戦いでした。それは川崎の風俗での話なんですけど、いつもは一発なのにその日はなぜか二回戦目に突入してしまったんです。コースそのものはいつもの風俗と変わらないんです。たしか70分だったかな?
それまで風俗で二発抜いたことはありませんでした。というか、抜こうって思ったことさえありませんでした。どうせ無理というか、無理に二発目にチャレンジして消化不良になるくらいなら、一発で満足しておいた方が良い。そう思ったんですよね。だから二回戦目に突入した時、自分は少し不安があったんですよ。イケなかったら、結局何も出来ないなって。でも始まっちゃったものは仕方ないじゃないですか。こっちだってある程度協力的にはなりますけど、頭の中にはどこかしら不安があったのかもしれません。
でも彼女、流石川崎の風俗というべきかちゃんと分かっている風俗嬢でしたね。二回戦目の方が積極的でした。男の習性を分かってくれているんでしょうね。そう思ったら安心出来ましたし、二発目もうまく出せました。

川崎の風俗で180分は文句なし!

ギャンブルでの勝利のおかげで、この前はいつもの川崎の風俗で180分という長時間のプレイを楽しむことが出来ました。自分でもここまでの長時間プレイは風俗では初めてでした。それだけに、何をするのかもちょっと戸惑ってしまいましたね(笑)
なにせいつもならすぐに始めないと時間が勿体ないって思っちゃいますけど、その時は別に焦らなくとも時間はたくさんあるんです。その時間をどうやって楽しむのかって言うことを考えた時、焦らずじっくりと。そして心に余裕を持ったプレイを楽しむことが出来るものなんだなってことに気付かされたんですよね。
いつも利用している川崎の風俗では毎回焦りはないもののどうしてもある程度時間は頭に入っていますし、あまり長時間になると時間内に終わらないかもしれないっていう危機感のようなものもあります。でもこの前はさすがにそういった危機感が一切ありませんでしたので、これくらいの長時間こそ、男にとっては理想そのものかもしれないなと。まぁ楽しむためにはギャンブルでの勝利が必須ですが(笑)