風俗は刺激が大事!

有休は貴重です。だから風俗

うちの会社では有休は適宜使えるんですけど、さすがにタイミングの問題はありますよね。いつでも自由に使えるものじゃなくて、ある程度タイミングのことは弁えるべきというか。むしろあまり忙しい時期でなければ結構取れるんですけど、かといって有休をとっても他に何もやることが思い浮かばないので、休日には出来ないことでもやろうかなと。そうすると、いろいろと思い浮かびはするんですけど風俗が一番かなと(笑)風俗って楽しめるようでどうしてもタイミングが難しいんですよね。時間の問題もあれば、自分の気分の問題も出てくるじゃないですか。いくら風俗を楽しめるタイミングでも仕事が溜まっていたり、資料を作らないといけないって時にはさすがに風俗どころじゃないですしね。そうなると、結局有休をもらって一日仕事のことを何も考えなくて良いタイミングじゃないとなかなか使えないので、最近は自分の中で有休をとったら風俗っていうマイルールが出来ています(笑)

休みの時には風俗が一番という結論

年齢を重ねてくると、休日がとても価値のあるものになっていくんですよね。それはいろいろな意味があるんです。というのも、体力も低くなっていくので、そうなると結局出来ることも限られてくるんですよ(苦笑)若い時には休みの日ともなれば、まずは前日の仕事の後から騒いだり、休日なんて寝ないで楽しんだりもしましたけど、年齢と共に無茶をしなくなります。でも休日なりにいろいろなことをしたい。その思いに応えてくれるのは風俗なんですよね。決して大袈裟なことじゃないんです。でも満足度という点では他の何よりも素晴らしいものなんじゃないかなって思うんですよね。むしろそれが出来るからこそ貴重なんですよ。昔みたいに休日になったら朝早く起きて何かをしたりって言うのは、出来たとしても次の日の疲労が半端ないんです。でも風俗であれば楽しい時間を過ごせるのは間違いないと共に、その一方で次の日に支障をきたすようなこともないのでそれはそれで楽しいんです。