風俗は刺激が大事!

ローションは大量に使うべきかなと

それまで風俗でローションを使ったことはありましたけど、あくまでもアクセント程度だったんですよね。ちらっと使って、文字通り潤滑油にする程度だったんです。でもこの前は、マットプレイだったのもあって、とにかく大量にローションを使ったんです。あれはもう潤滑油と言うレベルではないですよね(笑)ちょっとしたプール状態ですよ。これはもう風俗でなければ出来ないレベルだなと。でもそんな大量のローション、とっても良かったです。むしろチビチビ使うよりも、このくらいダイナミックに使った方がこっちの気持ちも全然違うんだなってことに気付かされたような気がするんですよね。最初は風俗嬢から奉仕されているって気持ちもありましたけど、最後の方はもう何をされているのか、自分がどんな状態になっているのかさえよく分からないような状況になっちゃっていました。でも、それくらい楽しめたので、ローションってこんなに楽しいものなんだなって。

風俗に必要なのはボキャブラリー?

口下手な自分だからこそなのかもしれないんですけど、風俗で女の子と楽しむ度にもっとボキャブラリーがあればなとは思いますよね(笑)もっと口が達者であれば女の子との時間がより楽しいものになるというか、更に面白いものになると思うんですよね。もちろん口下手でも楽しめるのが風俗の良さですけど、もっと口が上手であれば会話も盛り上がるし、自分の話術で女の子のモチベーションを高めることも出来ていたかもしれないじゃないですか。だからボキャブラリーはあるに越したことはないんじゃないかなって思いますね(笑)褒められたら嬉しいのは誰だって同じだと思うんですよ。そこで「上手だね」だけなのと、もっといろいろと言える人とでは、女の子のモチベーションも違うでしょうし、女の子のモチベーションが高くなればより楽しめるのも風俗の特徴だと思いますしね。だから自分でも少し話術の特訓でもしようかなって本気で思うようになってきたんですよね(笑)