風俗は刺激が大事!

刺激はいつもそこにある

刺激が欲しいっていう気持ちは、きっと毎日同じような生活の繰り返しでしかない社会人にとっては切実なものなんじゃないですかね。かといって仕事もしなければならないんです。仕事をするとなればどうしても平凡な生活と隣り合わせになってしまいますので、結局の所、時間だけが過ぎていくような日々になってしまうと思うんですけど、そんな平凡で退屈な日々は風俗に行けば一瞬にして壊れるというか、簡単に刺激を楽しめるんじゃないですかね。風俗って女の子に気持ち良くしてもらえるとかじゃなくて、刺激を求めている人が多いんじゃないかなって思うんですよね。毎日同じことの繰り返しが、風俗嬢の存在のおかげでその時だけは「非日常」になるじゃないですか。その瞬間こそ、何よりも楽しい瞬間だと思うんですよね。だから自分自身、風俗は毎日つまらないなとか、退屈だなって時に楽しむようにしています。いわば怠惰へのスパイス。それが自分にとっての風俗です。

資格試験の合間にです

会社命令によって資格試験を受験しなければならなくなってしまったんです。面倒ではありますけど、でも会社命令でもありますし、資格を取得出来ればお給料も立場も上がるので、上手くいけば出世コースに乗れるかもしれません。だから面倒ですけどコツコツ勉強に取り組んでいます。勉強は大変ですけど、やみくもに勉強するよりもある程度はリフレッシュした方が良いと、勉強法必勝サイトのようなもので見つけたので、時にはリフレッシュして頑張っています。そのリフレッシュ方法こそ、風俗です。勉強をしていると、フラストレーションが溜まっていくんですよね。そんなに勉強が好きではないだけに、無理をして頭に詰め込んだらフラストレーションが溜まっていくのは仕方ないかなと(苦笑)そして溜まりっぱなしは良くないと思うんですよ。だから風俗に行って思う存分発散することによって、自分自身の気持ちも全く違うものになるんです。だから合間に行くのがいいんですよね。